Time Is On My Side

心閉ざし過ごしたら このまま満たされずに終わりそう

AYUSE KOZUE - 君の優しさ

楽曲レビューなるものを一般人がしてみる。

改めて聴いてみても素晴らしい。 AYUSE KOZUEの3rd Single。☆Taku Takahashiプロデュース。2006年6月24日発売。

君の優しさ

君の優しさ

10年経っても色褪せないグルーヴが完璧だと思うんです。 AYUSE KOZUEさんは1st Single「boyfriend」でポッと出てきた頃から注目してました。

発売当初から「好きだなぁ」と思っていた当楽曲、最近になってまたハマり始めました。 当楽曲を改めて聴いたきっかけはこちら。

http://tbkpns.tumblr.com/post/128091535532/released-in-20121130

当の本人も絶賛とは。

宇多田ヒカルと言えば、「For You」やら「WINGS」が好きな私ですが、「桜流し」はピンときていませんでした。 ただの個人的な趣向で、明るい歌を好みやすいということだけですが。
でも、このbootleg桜流しという楽曲を儚くも前向きに印象付けてくれました。 iPodで当bootlegを200回聴くくらい気に入りました。

上記のbootleg桜流し (TBK your kindness bootleg mix)」ですが、 AYUSE KOZUEの「君の優しさ」の早回し(?)を絡ませてます。 (このことに気がづくのに時間がかかりました。your kindnessって言ってるのに。。。)

で、本題の「君の優しさ」について、☆Takuさん風キラキラ系バラード(?)という表現が正しいのかわかりませんが、 楽曲のメロディも歌詞もトラックも個人的に大好き。AYUSE KOZUEさんのこと良く分かってんなー、って感じです(何様)。

トラックを良く聴くと、ベースがいい感じに効いていますので、我が愛妻のER-4Sで聴くとノレるんですよね。 その中でサビの歌詞とメロディと歌声が「乗っている」のが気持ちいい。サビの一音一音がドラマティックに流れていくのが非常に心地よいです。
また、2番サビ前の「♪信じてみてもいいよ〜」の後のドドドドがカッコよすぎです。ここで一気にハートを持っていかれました。バラード系の楽曲でこのような構成のものは珍しいかと思います。センスよすぎ。。。

何はともあれ、とりあえず大好きな「君の優しさ」ですが、2006年の頃の☆Takuさんはキマってますね。

Crystal Kay - I Know

I Know

I Know

m-flo loves Emi Hinouchi & Ryohei - Summer Time Love

Summer Time Love

Summer Time Love

この頃の☆Takuさん、私が思っている効果的なストリングの使い方よりも遥か彼方上回るレベルで使いこなしているように思えて畏怖の念を抱きます。
「君の優しさ」を含むこれら楽曲は☆Taku TakahashiのBest Worksだと思う私。

★★★★★★★★★★ (10/10) 文句なしの楽曲。皆様も改めてご精査ください。